無料ブログはココログ

« 突然ですが・・・禿げ上がるほど同意。 | トップページ | 紫陽花フェスティバル »

ベリー堪能!



今年はどういうわけかヒヨドリがほとんどやって来ないのと
カメムシがほぼいないので
どっさりなったジューンベリーの収穫を
ゆったりした気持ちで行えました。

ヒヨドリを見かけないのは
もしかして「沈黙の春」なのか?
ついに そうなのか?…とも思って
半ばガクブルではありますが、
スズメたちの喧しい様子に やや胸をなでおろしたり。



小ぶりのバスケットに
こんな感じで3期にわたって収穫。
都合 2キログラムぐらいになったかと。




ジャムというと 「果実と同量のお砂糖」がセオリーのようですが
この風味を生かすには
4分の1〜3分の1で十分だと思います。
すぐに食べちゃうわけですし。

グラニュー糖とレモン汁をまぶして
しばらく放置してから火を入れていきます。
プレザーブ・スタイルにしたいので
全体がクツクツとしてきたら
アクを適宜取って できあがり。

あくまで これはオレ流なので
参考になさる場合は 自己責任でお願いします(笑)



熱湯消毒をしたガラス瓶に移し
粗熱が取れたら 冷蔵庫へ。




煮汁に赤い色素が出るためか
よく見ると 色が薄ピンクになってる実も。
まだ若い実だったか。

熟しすぎてると
採取するときに既にグチャッとなってしまったりするので
タイミングがちょっと難しいジューンベリーですが
この状態になってお口に入ると
等しく美味しいので 気にしない、気にしない。




樹上のベリーにすっかり気を取られているうちに
足元の苺もいつのまにか色づいており…




ここの苺は昔ながらの小粒の甘酸っぱいやつ。
かわいいです〜!




こちらは ほんの10分足らずで
あり合わせのボウルに半分強の収穫!
苺の株の分布状況からして
本気を出せば この4倍から5倍程度いけそうな…


ただし
この苺、昨今の品種とは違って
細胞膜がしっかりしてないというか
すぐにグズグズしてきちゃうタイプなのです。




採れたてを少し
生のままヨーグルトといただいた以外は
このようにジャムになりました。

この苺を何十年も前にこの庭に導入された先代庭主も
小児科医のかたわら
この時期 ジャムをお作りになっていたそう。
先生のは
きっともうちょっと甘めだったんじゃないでしょうか。
いっさい根拠はありませんが。


« 突然ですが・・・禿げ上がるほど同意。 | トップページ | 紫陽花フェスティバル »

「葉守」のこと」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベリー堪能!:

« 突然ですが・・・禿げ上がるほど同意。 | トップページ | 紫陽花フェスティバル »