無料ブログはココログ

« 台風5号が通り過ぎた庭 | トップページ | 「眩(くらら)」ドラマ化 放映迫る!! »

プリンセス・ダイアナのホワイト・ガーデン

ダイアナ妃の、あの怪しすぎる非業の最期から20年・・・早いものです。

住まいであったケンジントン宮殿のサンクン・ガーデンが、

この春から彼女を偲ぶ庭として一般公開されているのだそうで・・・

 

この度報道された、ウィリアム王子夫妻とヘンリー王子が訪れた場所はここなのです↓

ダイアナ妃の人生やその美的感覚に照らして選ばれた

100種類以上の植物が ほぼ整然と植えられているフォーマルな庭。 

 

季節にもよるのでしょうが、ほぼホワイト・ガーデンを基調とした中に 

春にはアクセントとしてきれいな差し色がポツポツ入っている感じが見て取れます。 

 

チューリップなら‘Diana’、‘Exotic Emperor’、‘Purissima’などの白軍団に加えて

‘Florosa’、‘Apricot Beauty’、‘Queen of Night’、‘Spring Green’など。 

 

香りの良いスイセンやヒヤシンス、おしゃれなフリチラリヤ、

エリシマムやワスレナグサなども

やはり白ベース+αでたっぷり植えられています。 

 

いちばんのお気に入りだったというドレス

(襟の形状から「エルヴィス・ドレス」とも呼ばれているらしい)の

パールを散りばめた生地の雰囲気が 反映されているのだとか。

白いワスレナグサMyosotis ‘Snowsylva’がいい仕事をしています。

 

今回の報道を見る限り 夏の時期には がっつりホワイト・ガーデンだなぁ・・・

と思ってしまったので

清楚でありながら十分に艶やかさもある 春の構成に、ちょっと安心しました。  

 

こちらはDianaつながりで、Diana Krallの“Garden in the rain”↓

(原曲は1929年の作。 歌詞はコチラ。)

しみじみと佳い曲。 

しばらくまとまった雨が降ってくれていない ここ阪神間、

ほどほどにお湿りがほしいなぁ・・・と願いつつ。

« 台風5号が通り過ぎた庭 | トップページ | 「眩(くらら)」ドラマ化 放映迫る!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事