無料ブログはココログ

« お正月になりました。 | トップページ | 近況 »

人生フルーツ

地上波TVはろくでもない番組がほとんどだよなぁと思いつつ、

時には番組表ボタンを操作して 何かないか探してしまう 哀しき洗脳世代なわたくし・・・(爆)

 

昨日(1/22)の午後、

第12回日本放送文化大賞 グランプリ受賞作品 人生フルーツ ある建築家と雑木…』

という番組名を発見。

「雑木・・・」の後が気になっちゃうじゃないですか!(笑)

・・・という訳で 途中からでしたが見てみました。

 

「人生フルーツ  ある建築家と雑木林のものがたり」というのが、

その番組の正式名称でした・・・!


いやぁ、偶然ですが 巡りあえてよかった。

最早 必然だった気もしてきました。)


90歳の建築家・津端修一さんと 87歳の妻・英子さん(年齢は撮影当時)の

愛知県春日井市 高蔵寺ニュータウン(50年前に修一さんが基本設計をした街)での

キッチンガーデンによる半自給自足の素敵な暮らしかたを描いたドキュメンタリー。 

 

お名前ぐらいはなんとなく存じ上げていましたが 詳しいことは今まで何も知らなかったので

このタイミングで お二人の生活を垣間見られたのは とてもうれしいことでした。

遅まきながらフォロワーにならざるを得ない、真に敬愛すべき先人。

(修一さんは 一昨年6月 草むしり後のお昼寝からお目覚めにならず

 残念ながらご逝去なされました。)


 

苗木で植えた樹木がみごとな雑木林を形成し、

その大量の落葉を畑にすき込み続けた半世紀。 

その肥沃な土が 夫婦お二人分はもちろん、

招いた客人をたっぷりもてなし いろいろな保存食にしたてて友人知人と分かち合う

野菜や果実をゆたかに実らせてくれるという・・・

 

・・・まさに、理想的な生きかたじゃないですか!!

たびたび落ちるウロコが またも わたくしの両の目からハラハラ落ちました。


 

この番組、TVドキュメント番組として作られましたが

編集を変えて 劇場公開の映画としても世に出るようです。 

このお二人のたたずまいをご覧いただければ、おそらく多言は無用でしょう↓

1_3


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失礼ながら、なんてかわいらしい・・・!  

 

2_3


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「家は、暮らしの宝石箱でなくてはならない」

・・・けだし名言ですね。 

 

うれしいことに 関西でも 

十三の「第七藝術劇場」(上映中)や

神戸新開地の「神戸アートビレッジセンター」(1/28より)でも見ることができます。

その他 詳しくはこちらでご確認くださいまし。→http://life-is-fruity.com/theater/

 

1/28が待ち遠しいかぎりでございます。 

 

« お正月になりました。 | トップページ | 近況 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事