無料ブログはココログ

« 某所にて | トップページ | 再び (別の)某所にて »

かすかな秋の気配。

20150831_1_2

8月じゅう 

暑さ+蚊の猛攻 でなかなか庭に長時間いることが難しく、

葉守の庭はやや荒れ気味になっていました。

 

薄紙をはがすように
少ーしずつ涼しい時間が増えてきたこの二、三日。

「里庭」を久しぶりに眺めてみると
柿の木の下で ジンジャーリリーが咲き揃ってきているのを発見しました。
半径5mにはそこはかとなく 南国リゾートのような芳しい香りが漂っています。

   
      

  
 

  

 

 

         

 

  
 
  
  
  
  
  

20150831_2_2

ジンジャーリリーの楚々とした花。

押し花にして お手紙に添えるという
おしゃれなアイデアを教えてくださった 
ご近所のおばあちゃまはお元気でしょうか・・・

文にほのかな香りをしのばせる、その心根のゆかしさ・・・

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 

20150831_3

その向かい側の一角では、 
メドーセージとツルバキアの鮮やかな色合わせが
ハッとするほどの効果を見せています。

ジンジャーリリーの白との対比があればこそ
深まる印象。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
  
  
  
  
  
 

201506_5

ベンチの脇で
6月末にこんな感じだったイチジク ‘桝井ドーフィン’。

(←‘滝川クリステル’の仲間みたい。)

日照りつづきで実が大きくなるか心配でしたが・・・

  
  
  
  
  
 
 
   
  
  
   
 
 
  
 

20150831_4

このところの雨をもらって 
そこそこ許せるぐらいの大きさに成長!

おいしそうに色づいてきましたので
早速待ちきれずにひとつ収穫。

(全部で3個しかならなかったので 貴重な代物なのです。)

 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
   
 
 
 
 
  
  
  
  
  
 

20150831_5

ボルドー~薄緑の微妙なグラデーションがうつくしいこの果実。

←思わず 玄関のディスプレイに加えてみたところ。 

むろん、梶井基次郎を意識しつつ!?

 

そういえば・・・京都丸善復活だとか。

そんでもって 今さら檸檬ではしゃいでる・・・ 悪びれもせず。

撤退時 どんだけがっかりさせたのか わかってんのかなぁ。

無花果手榴弾を置きに行ってやろうかしら・・・(笑) 

 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
  
  
 
 
 
 
  

20150831_6

もぎたては 少しだけ皮がむきやすいのですね。
今まで知りませんでした。

縦4つ割りにして
長谷川徹先生作のよもぎ釉のお皿に。
色の対比がなんとも素敵。

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・
写真を撮り終えるやいなや!
即 いただいてしまいました。

きりっと冷えていなくても、あまくて美味しい・・・

葉守産だと思うと、美味しさ三倍増しぐらいの感じ。

 

 

 

あれほど果てしなく続くかと思えた猛暑の夏も

気が付けばもうすぐ終わり。   

 

すべては宇宙の法則に則って 粛々と進んでいくのですね。

ここのところ

キナ臭さが増してきたように感じられる世の中かもしれませんが

もはやそういう世界には生きないんだ、と心に誓ってしまえば大丈夫な気がします。

心のどこかでずっとそう思ってきましたが、「アミ三部作」を読んで

ちょっと確信に近いものを感じています。

« 某所にて | トップページ | 再び (別の)某所にて »

「葉守」のこと」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かすかな秋の気配。:

« 某所にて | トップページ | 再び (別の)某所にて »