無料ブログはココログ

« 開化堂さんの茶筒 | トップページ | たまについて。 »

久々にVelonica's gardenの模様替えを。

201256_002_2

冬から晩春の間 がんばってVelonica's gardenをキャンディ・カラーで彩ってくれていたパンジー&ビオラでしたが さすがにこの暑さでぐったり気味に・・・!

ということで、急遽 初夏へと向かう趣きにガラリと模様替えさせていただきました。

いつのまにかバラとクレマチスももりもり繁ってきております。

注)昨夏以来、ブログにアップしないままのリニューアルが3〜4回ほどありました。ごめんなさい。

 

 

  

    

201256_003

今回のテーマカラーは藤色~パープル~ブルー。

椅子は淡いライラックにペイントしてみました。

いい色の塗料がなかなかないので やむなく内装用のものを使用。 どれぐらい耐水性・耐候性があるか、ま、実験ですね・・・(ドキドキ)

 

 

 

201256_007_2

「水辺のあるパープル・ガーデン」というところでしょうか。

水草がいろいろ出回るようになったら、メダカとともに投入予定です。 

 

 

 

 

 

 

 

201256_011_2 水鉢もむらさき色のもの。

ヒューケラの色とシェイプが、シンプルな水鉢を引き立ててくれているようです。 

 

 

 

 

201256_012_2

窓辺と壁面のアクセントに、むらさきの蝶を飛ばせてみました。 

  

  

  

  

 

 

201256_014_2

イングリッシュ・ラベンダーと宿根バーベナ。

思った以上にライラック色のペイントとのハーモニーがきれいです。 

 

 

   

201256_015_2

この季節の植栽に欠かせないオルラヤ。

すっくと立つ姿、さわさわと揺れる風情、清らかで可憐かつワイルドな花は 庭景色を自然なものに変えてくれます。 

 

 

  

 

  

  

  

201256_017_2

こちらは ブルーデイジー・アズールブルー。

(←何回 青と言えば気が済むのかとw)

ちょっと花びらの華奢な品種ですね。

背景になっているモクビャッコウは前回からの居残り組。 このボリュームがグッジョブ!

 

 

  

 

201256_018_2

ふとガーデンの脇を見ると、アスファルトの地面から白いタツナミソウが! 

こぼれ種でしょうか。 

これこそワイルドかつ可憐。  

  

  

  

 

「夏」というにはまだ気が早いこの季節、初夏に向けての爽やかな草花でまとめてみました。 

夕方の光で眺めると、意外と色味がしっくり目になじんで見えて さらに良い感じ…と自画自賛。

まもなく壁面のバラとクレマチスも花を開かせてくれそうなので、また雰囲気が徐々に変わるはず。 楽しみです。

« 開化堂さんの茶筒 | トップページ | たまについて。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々にVelonica's gardenの模様替えを。:

« 開化堂さんの茶筒 | トップページ | たまについて。 »