無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年4月

吉野の桜。

Yoshino2

先週末、奈良の吉野山へ「千本桜」を見に行ってまいりました。 

好天に恵まれ この春最後の見ごろと思われるこの日、吉野近辺は同好の士で大賑わい。 

このときはまだ午前中なので ちょうどいいぐらいの人出に思えたのですが。

帰路まさかここで人波を掻き分け掻き分け必死で進まなければならなくなるとはまだ知らない、ウブなグレートオークスであった・・・

  

    

Yoshino3

 

まずは「下千本」の様子から。

満開から一歩進んで 葉桜になり始めている木もあちこちに・・・

しかし、けぶるような美しさはまだ健在。

ここから上ってゆく期待感がいよいよ高まってきます。

  

    

 

  

  

Yoshino1_2

 

そこで目の端へ飛び込んできたのが、「焼たけのこ」の屋台。 これを素通りできるなら、たぶんきっと日本人じゃない・・・!

下茹でした筍をスティックに挿して、炭火で焼いてタレをさっとひと刷毛・・・・・・欲を言えば、茹でずに「焼き」一辺倒でお願いしたいかも!

竹の皮をつけたまま家のオーブンで(炭火じゃなくてもOK)焼いたときのこんがりホクホクの美味に比ぶれば、「思てたのとちがう~!」感が結構ありました。 

ま、十分おいしいのですけれど。

  

 

  

  

Yoshino4

坂の途中の見晴らし席から。

屋根や手すりでフレームを設けると また違う趣きの美しさが胸に迫ってきます。

人はなぜ毎年桜を観に来ずにはいられないのか、わかる気になるショット。(←なんちて)

  

  

 

Yoshino5

 

お花見といえば毎回「ブルーシートのある風景」に凹まされているのですが、さすがここ吉野では違います。

グリーン系のゴザっぽい敷物。 ケミカル素材であっても、「色の暴力」がないとこれだけ和む景色になるのですね。

  

 

  

  

 

Yoshino8

 

「中千本」あたり。 まさに絶景です。

東山魁夷とか岡鹿之助の絵の世界を目の当たりにしている気分。

  

  

   

 

Yoshino9

 

後継となる若木も数多く植えられ、森林の整備が行き届いている様子。

  

  

  

 

  

Yoshino11

  

爆音とともに上空に姿を現したヘリコプター。

この時期TVや新聞のおきまりのネタは、こうして撮られるという訳なんですね。

   

 

 

  

Yoshino6

 

さくら風味を練りこんだみたらし団子。

それなりにおいしいのですが、やはり「お醤油風味が桜のはかなさを凌駕している」と、いちびり風流好み(約1名)からは不評。

  

  

  

 

  

 

Yoshino10

 

「上千本」は、こんな眺め。 眺めているというより、そのただなかに居る趣きかもしれません。

もちろん、この風情が一番気に入ったことは言うまでもありません。 山道をはるばる登ってきてよかった・・・!と心底感じます。

 

 

  

Yoshino12

 

道中にある、竹林院群芳園の奥庭を拝見。

とても由緒のあるお庭、そして旅館のようです。

桜の花びらが花筏となって、どこまでもはかなく美しい景色を堪能させていただきました。

 

  

 

 

  

 

 

Yoshino13

 

上千本からの帰り道沿いのお宅の軒先に、魔除けの「唐獅子牡丹」の瓦を発見。

遠目には「しゃちほこ」かと思ったのが獅子だったので、ちょっとびっくり。 思わぬ低めの位置にあったので まじまじと眺めてしまいました。

牡丹のゴージャスな造形と 獅子のユーモラスな逆立ちが  若干ミスマッチな気もしないではない。 

家紋はオモダカ系でしょうか?

 

 

  

Yoshino14

 

山の中にもちらりほらりと咲いていたミツバツツジ。 お土産物屋さんの店先にも結構活けこんでおられました。

ミツバツツジは六甲山系でもよく見かけますが、グレートオークス的に大好きな木の花のひとつです。

この紫ころびのきれいなピンク色で この花のサイズ・分量というのが、いつ見ても絶妙!

淡い桜のなかにちらっとこの花がのぞくのも、春の山景色の眼福という感じ。

  

 

 

・・・という訳で、多少人波に揉まれるとしても 吉野を訪れる値打ちは他に代えがたいということがよくわかりましたです。

近所の桜。

風邪をひいている暇もなかった3月でしたが、月末の厳しい冷え込みが身体にこたえて ついにダウンしてしまいました。 

元より花粉症持ちなのと 黄砂へのアレルギー反応も加わり、風邪による咳で結構ハタ迷惑な症状を呈しております。

 

しかし!

時は春。

今見ずして、いつ桜を見る!

・・・という訳で むりやり出掛けてみました。

Sakura1

 

 

 

 

阪急岡本駅近くの「桜守公園」。

住宅街のなかに突如出現するパラダイス・・・!

  

 

 

   

Sakura2

   

 

 

 

水上勉の小説「櫻守」のモデルにもなった笹部新太郎氏の自邸跡が、桜の園として管理されています。 

 

 

 

 

Sasabe2

   

  

氏ゆかりの「ササベザクラ」。

ただし元々自邸にあったものは惜しくも12年前ぐらいに枯死してしまったため、こちらは実生で育てられた後継木とのこと。

  

   

 

  

Sasabe1

 

  

 

「ソメイヨシノばかりが日本の桜ではない」と日本古来の種や固有種の桜の保護を訴えつづけた笹部氏の庭で発見された、カスミザクラとサトザクラ類との交雑種(と推定されるもの)。

半八重で、最初は白い花が咲き進むとピンク色に染まってくるのだそうです。 

つまり、これはかなり進んでいる状態なのですね。

 

 

 

   

Okamoto1

  

 

こちらはオカモトザクラ。 

「櫻守桜」とも呼ばれるこの品種は、オオヤマザクラにオオシマザクラが交配したもの。

花弁の先がほんのり薄紅色に染まって、清楚で可憐な趣きです。

ええのぅ、ええのぅ。 

 

  

  

 

Maya

 

 

東灘区から灘区へ移動して、摩耶ケーブル駅下の通称「桜のトンネル」へ向かいます。

ちょうど見ごろを迎えたポカポカ陽気のこの日、同じ想いの人々で大渋滞・・・近隣の方、バスの方々へは大変申し訳ない状況を招いてしまっておりました。

全国各地で戦後復興期に植えられたとおぼしきソメイヨシノが順番に衰退期に入ってきているのを感じるのですが、ここもかなりキテます。 若木も何本か差し替えとして植わっている訳ですが、この景色をうまくバトンタッチしていければ・・・と祈らずにはいられません。

  

 

Mikage2_2

こちらは、灘区と東灘区の境界近くにある某公園。

ここはマジ穴場なので、お教えできません(←ケチ)。

桜の枝がとても近くに感じられる、絶妙の樹形とシチュエーション。 超お気に入りスポットです。

内側の様子は・・・ヒミツです。(写真は外観)

 

 

Mikage3

  

  

  

満開を過ぎて、ちらほら散り始めた花びら。

さくら色の御影石の街並みには、ことのほか似合う風情ですよね。

  

 

  

 

 

Mikage1

  

  

 

阪急御影近くの線路脇土手。

地面いっぱいに萌えてきた草々と、桜の淡い彩りとの配色がなんともいえず「春らんまん」を感じさせます。

  

 

 

  

余談ですが・・・

ここのところ赤みを増してきたレッドロビンの生垣+桜 の組み合わせが何ともいたたまれないわれわれ。 桜の値打ちを損なっているコンビネーションな気がするのですが・・・ 

あの色合わせの結果を知ったうえで選んで植えたのか、植栽責任者を呼んで小一時間問い詰めたい気分。 

・・・大勢おられそうですね(笑)。

  

« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »