無料ブログはココログ

« 実はイギリスに行っておりまして(4) | トップページ | 夏のVelonica's Garden »

英国庭園訪問記(2)

もう立ち消えになったかと思わせておいて、またこっそり再開したりするあまりにもいい加減な当ブログ・・・(恥)

この一ヶ月間 グレートオークス主要構成員(笑)の故障により ちょっとハードな日々を送らざるを得なかったため、更新できなかったことをお詫び申し上げます。 

さて、今回レポートさせていただくのは、Cambridgeの南西にある“Winpole Hall Gardens”というところ。

Winpole1 17世紀に建てられた貴族の広大な屋敷で、その周囲にはさまざまなスタイルの庭園の数々、農場、羊などがのどかに草を食む牧草地が果てしなく広がっています。

現在はThe National Trustによって管理運営されています。

   

   

  

   

  

Winpole2

まず来場者が訪れるのは昔の厩舎を使ったレセプション・エリア。

壁や柱、サインボードなどの色合わせが素晴らしく絶妙でうなってしまいます。

まさにFarrow and Ball的色出し!(われわれの大好物のひとつ。)

  

 

   

  

Winpole3

ここにはプランツ・ショップもあるのですが、

←のように例えば“Romantic Summer Border(ロマンティックな夏のボーダー花壇)”という風に商品をセレクトしてあって、「提案」を感じさせます。 

これはなかなかおしゃれで、買う側にとっても参考になる手法ですよね。

  

  

   

Winpole4

そして、refreshmentのための飲み物やお菓子類の売り場も。

←The National Trustオリジナルのアイスクリームがありました!

これまたいい色揃いのパッケージたちです。

 

(つづく)

« 実はイギリスに行っておりまして(4) | トップページ | 夏のVelonica's Garden »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国庭園訪問記(2):

« 実はイギリスに行っておりまして(4) | トップページ | 夏のVelonica's Garden »