無料ブログはココログ

« こんなところにも出没してました(2) | トップページ | 英国庭園訪問記(2) »

実はイギリスに行っておりまして(4)

Img_0860 チェルシーのショー・グラウンドから今回の宿泊先のホテルまでは、街並みやショーウインドウなどを楽しみながらぶらぶらと歩ける距離。  

このショーの時期に合わせて、日頃よりもさらに力の入ったディスプレイの数々が目を楽しませます。

アジサイ+ピオニー?の組み合わせがゴージャス! ネイビーの柱や窓枠との色あわせが心にくいばかりです。

 

   

  

Img_0861

その並びの別のショップ。

フォックスグローブ(ジキタリス)+ルピナスのコーディネートがいかにも英国的。  トラディショナルでありながら、その心はwild at heart(←ショップ名)なのですね・・・!

  

 

  

  

Img_0862_2

最近人気のオーガニックフードショップ&レストラン“daylesford organic”。  新鮮野菜の商品陳列が そのままいい雰囲気のディスプレイにもなっています。 ツゲのトピアリーと月桂樹のスタンダード仕立てありき、の構成と言っていいでしょう。

 

  

  

    

Img_0868

通りを一本隔てたところにある、同じdaylesford organic系のガーデンショップ。  鉢植えの花や切り花も扱っているようですが、そこはさすがハイセンスなセレクトショップ。 必然性のあるものしか置いていない・・・という感じで、清々しい潔さがあります。

こんなお店がもし近くにあったら、二日に一回は行っちゃいそうです。 

   

    

 

 

このチェルシー~スローンスクエア近辺は もともとお洒落度の高いエリアではありますが、フラワーショーと連動して(露骨なタイアップや協賛などは何も見当たりませんが)内心はしゃぎながらも居ずまいを正している感が伺えるのが毎回なんとも楽しい・・・!

とはいえ こんな目抜き通りなのに、撤退したショップ跡の空き店舗がちらほら目に入ってきたのもまたちょっぴり悲しい現実ではありました。 

・・・つづく。

« こんなところにも出没してました(2) | トップページ | 英国庭園訪問記(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実はイギリスに行っておりまして(4):

« こんなところにも出没してました(2) | トップページ | 英国庭園訪問記(2) »