無料ブログはココログ

« お引越。 | トップページ | クリスマス準備 »

ドラマ30「デザイナー」

みなさん見てますか? 一条ゆかり原作のドラマ「デザイナー」。 (昼1時半からのドラマを毎日見れる方もそうそう多くないと思いますが。) 亜美だの朱鷺だの懐かしすぎる名前に、昔「りぼん」を愛読していた日々がたちまち甦ってくる年代の私。 この“デザイナー”は きっと今風に平板に発音する「でざいなー(→)」じゃなく「で(↑)いなー(↓)」なことでしょう!! (公式ページはこちら・・・http://mbs.jp/designer/index2.html

さて、このデザイナーを見ていて気になること・・・それは「デザイン=デザイン画を描くこと」という図式が堂々と罷りとおっていることかな。 まあドラマなんだし、原作でもそんな感じの描写が多いから、いいと言えばいいんですけどね。 私の知る限り アパレルのデザイナーは最初に素材(布地)ありきで、そこからイメージをふくらませて具体的なデザインに落とし込んでいく人が多いような。 最終的にカタチにできなければ、そして服としての機能を十分に満たしたうえでのデザイン表現になってないと意味ないし。 (ところで、亜美のところのパタンナーにはものすごい技量が要求されるんじゃないか・・・というのも気になって仕方がない。)

同じデザイナーとして(笑)思うのは、「ここにはこの素材で」とアタリをつけるまでのプロセス、そのちょっとしたクルシミが欠かせない要素ではないか、と。 下した選択がぴたりとハマったときのヨロコビもね。(もちろんクライアントに喜んでいただけるのが、至上の喜びでございます!) 

しかし、柾のヘアスタイル(ムッシュかまやつばりのヅラ)も、何とかしてー!! 見るたび爆笑してしまうじゃないですか・・・。

« お引越。 | トップページ | クリスマス準備 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ30「デザイナー」:

« お引越。 | トップページ | クリスマス準備 »