無料ブログはココログ

« 2005年7月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年8月

ハンプトンコート・フラワーショー

●さて。暑すぎる毎日で記憶も朦朧としてまいりましたが…「ハンプトンコート・フラワーショー」の報告などを少しばかり。 ロンドン郊外のハンプトンコートパレス(ヘンリー8世などが居城としていたかつての王宮)敷地内を会場に、毎年7月初旬に開催される英国王立園芸協会主催のこのガーデンショーは 規模においては世界最大と言われています。 
●ちなみに5月の「チェルシー・フラワーショー」は世界で一番エレガントな、とか最も権威のある、と称されることが多いです。 此方ハンプトンコートはエレガントというより、お祭り気分というか物産展チックな“何でもあり”な感じかも・・・? 私たちのツアーディレクターのべスも、ここはよりcommercial baseかもしれないね・・・と言ってはいましたが それでもチェルシーよりはリラックスした雰囲気があるのでこっちの方が好きだとか。
●確かに来場者のみなさんは、その辺に座って何か食べたり寝転がったり・・・リラックスし過ぎじゃない?!っていうぐらいのんびり楽しんでいる様子は何だか根本的な人生の楽しみ方を心得ているようにも見受けられて、こちらもハッピーになってくる感じ。
大きな木の根元に座ってレモネードやPIMM'Sを飲みながら、フィッシュ&チップス(塩とお酢をかけるとなんとかイケる)をつまんだり ホットドッグ(ほんのりマズい)やクレープ(激マズ)にかじりついたりするのは、他愛もないけれど何てかけがえのない幸せな時間なんだろう・・・!と実感。 数日来の緊迫した空気はここに来るまで誰もが肌で感じていたでしょうに、だからこそ楽しみたいんだ、という気概と申しましょうか。
●ショーガーデンやスモールガーデンの数々は正直言って玉石混淆というラインナップで、おぉ!という溜飲が下がる構成のものは数少なかったかも知れません。(・・・自分たちの目が肥えたのか、スレたのか。)しかし、いつもながら短期間のショーのためにホンモノの庭をつくり、そこに花のピーク状態を持ってくるスキルと努力はすごい! 完成度を上げるためにすさまじい密植をしている訳ですが、見え方はあくまで自然ですもんねー。 蒸れない爽やかな彼の地の気候がとことんうらやましい・・・!!

« 2005年7月 | トップページ | 2005年11月 »