無料ブログはココログ

ブログ移転します。

諸事情により、

Hamori's blogに移行します。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

葉守サイトからのリンク変更など 追って修正してまいりますが

少々お待たせするかも・・・

どうかおゆるしくださいまし。

 

 

花だより 4/12

思いがけないほどの寒の戻りでしたが

体調を崩されたりなさっていませんか。


Img_7623

葉守の「森庭」では

ミツバツツジの花が

次々と花をほころばせています。

 

 

 

寒さにもめげずというか、

いったんついた春のはずみは

多少のアクシデントでは止まらないのでしょう。





 

Img_7624

緑量が日に日に増えてる状況のなか

このブルー味ピンクが 鮮やかに存在感を放っているのです。

まさに旬の色そのもの。






 

Img_7626

足元には こんな黄色い花(クスダマツメクサやタンポポ)や






 

 

 

 

 

Img_7625

きれいな紫のゲラニウムや







 

 

Img_7627

クモマグサの中では比較的野趣のある

こんな花などが 可憐な花を競っています。







 

Img_7635

里庭では

サクラ「一葉」が分咲き程度となってきました。







 

Img_7648

八重の花の中心に 小さな緑の葉のようなひと蕊 が。

その名の由来となっているのは この部分です。



 




4/19(金)〜21日(日)の3日間

この春もオープンガーデンを開催いたします。

(各日とも9:3017:30)


その頃まで

これらの花が盛りを保ってくれるのは難しいでしょうが

また 新たな魅力も次々と展開してきそう。


お時間がありましたら

ご興味のある方は是非お立ち寄りくださいませ。

 

 

ショーケン。

変わった人だなぁ・・・とみんなに気付かれてしまう ずーっとずーっと前のショーケンさん。

初々しい!

個人的には懐かしい。

これを半ば真に受けて お菓子屋さんへ行った小学生だったが、

そこにテンプターズは居なくてがっかりしたばかりか

特にポスターやPOPも目立ってなかった記憶が。

(このCMには おばあちゃん女優・原ひさ子さんも出てる。

  ・・・このときは結構お若かったのかも・・・?)


 

訃報を受けてのワイドショー報道で、

「ベビードール」でスーツを作ってセルフプロデュースをして

内心“だせぇ!”と思ってた「太陽にほえろ」に出ることにしたというエピソードをチラ見。

 

誰も「ベビードール」って?・・・と問い返さないことに もやもや違和感。

一世を風靡した(ただし一部で)、川添梶子さんのお洒落極まりない伝説的なお店でしょう?

キャンティの階下にあったという・・・(知らんけど)

誰も興味ないのか。 

一般常識としてみんな知ってるのか。

それとも 普通にベビードール(ランジェリー)だと理解しちゃったのか。

 

松果体の石灰化があまねく進んでいるやも知れません・・・

すべては「うたかた」ということなのでしょうかね。

まあ、50年前のことなので そんな扱いで当然なのか。

 

ともあれ・・・ショーケン様、R.I.P.

 

「~春待つ息吹き~ 二人展」

みなさまのご協力のおかげで ドタバタのうちに準備をなんとかこなし、
3月のプチイベント
「~春待つ息吹き~ 鈴木ちづ + 長谷川伸江 二人展」 を開催することになりました。
 
 
葉守の運営において いつもお世話になっているお二方。
アーティストとしての魅力を 多くの方々に見ていただくということにおいて
葉守という場所はなかなか面白いのではないか・・・という思いつきが発端です。    
 

Img_7289_2

  

 

 

 

 

 

 

葉守の庭の草花を描いてくださった作品もあり、

それがまたこの場所に帰ってくるというのはとても感慨深いことに思えます。

実際 飾ってみると、思った以上にしっくりくるのです。

 

室内のイベントではあるのですが、庭の存在を常に感じる・・・というのが大きいのではないでしょうか。

作品内に感じる「庭エッセンス」とともに、鑑賞しているこの場の 窓外の「庭の気配」。

(美術館を見に行くときにも 庭のある美術館の方を好ましく思うのと同じかもしれません。)

 

 

3月1日(金)・2日(土)・3日(日)の3日間だけ

9:30~17:30の開催となります。

お時間がありましたら、

庭の芽吹きの気配を感じながら お二人の作品を室内で愛でる

ひと足早いお花見などいかがでしょう?

 

 

(今回 DMはがきは少量にとどめましたので

ご案内の届いていないみなさま、何卒おゆるしくださいませ。)

 

見てない映画

去年の今頃気付いていれば ちょうど神戸で上映していた映画↓ 
惜しいことをしました。 
 
      
こ、これは見たい・・・!!  
 
「できるだけあわせて、なるべく逆らわない」という、
フランスの庭師 ジル・クレマンさんのスタンスを耳にしただけで
優れた感覚が伝わってきます。
ジルさんからも この映画製作に関わった方々からも。
 
 
出会うべきものには なんだかんだで出会える気がしているので
きっとそのうちスクリーンでお目にかかれるはず。
 
 
 

牧野博士の!

「ほぼ日手帳」のスペシャルバージョンで
これは魅力的。
でも もう手帳持ってるしなぁ・・・
悩んでる間に売り切れてしまいそう。
 

487865d2facd43bda5aad4af473111fa

新年の抱負など少し。

誠に遅ればせながら・・・新年あけましておめでとうございます。 
 
いろいろな局面で、
地球を 世界を そして日本を取り巻く状況は「詰んだ」ように見えたりもしますが
それでも希望はあると信じ、
たとえ世界が滅ぶ最後の日であっても 
一本の林檎の木を植え続けるような庭師集団でいたいと思います・・・!
 
 
さて 以下の画像は
1月6日のゴールデングローブ賞受賞を受け、
バッキンガム宮殿の衛兵さんたちが奏でる「ボヘミアン・ラプソディ」↓
 
本当の意味では馴染めなかったであろう大英帝国の総本山で
こんなにみんなが認めて賛美してくれるなんて
ファルーク(フレディの本名)は夢想だにしなかったのではないでしょうか。
 
 
以下 映画の感想:
 
事実とは異なる脚色かもしれませんが
結局のところ 「バイセクシュアルなんだ」と告白したフレディに対し
「フレディ、あなたはゲイよ」と
最後通牒を告げたメアリーの罪は計り知れないなぁ・・・と思いました。
(彼女の立場で なんで断言できようか?)
そんなこと言われたら、その後 ゲイまっしぐらに進むしかないじゃない!
環境や思い込み、成長過程で得た情報など後天的要素が性癖を決めてしまうということも
ままあるのでは。
誘導されないで生き続けてほしかったです・・・

Teo Torriatte

ずーっとピンとこなかった曲。
今になって沁みてきました。

ボヘミアン・ラプソディ

  
 
まあ、40~45年は昔のことなのだから
隔世の感があって 当然なのでしょうが・・・
 
ロジャーもブライアンもおじいちゃん風味全開となってしまった今、
こんな映画を真実味をもって作るのには 最後のタイミングだったのかもしれません。
 
公開が待ち遠しいと思いながら
薄目で見る方がいいんだろうなぁ・・・とも予想。
 
前身バンド・smileのロゴは さすが歯科大卒ロジャー。
GReeeeNと発想がほぼ一緒!(笑)

まつりの後



3日間の魔法が解けて、日常を取り戻しつつある葉守です。

ご来場くださいましたみなさま、
ご協力いただいたアーティストの
方々、
そのほか お力添えをいただきましたみなさま
本当にありがとうございました。

ふと我に帰ると、
いわゆるnon profitもいいところなこのような催しを
自己満足が目的と言われかねない状況で
なんでこんなに頑張ってるんだろう?…という思いが
頭をもたげてくる瞬間もあるわけですが…

先代庭主である先生が自慢にしていらしたという
白い彼岸花を父祖としたこの景色を
やはり
所縁のある方々
魂レベルでのつながりを感じる方々
また ついふらりと立ち寄ってみるような巡り合わせの人々
…に 眺めていただくのは
何かしら意味のあることなのだろうと
気を取り直して 取り組んでいた次第です。

会期3日間
何とか 頑張って美しい姿を保ってくれていた彼岸花も
催し終了とともに ほぼ終焉、という
不思議なありようには
天の采配という言葉しか浮かんでまいりません。

夜目には まだ白い花の気配が美しく残っていますね。

先生、何かと粋なお取り計らいをしてくださり
ありがとうございました!




«「葉守・秋の文化祭〜庭とアート〜」開幕中。